第17回 意見交換会 「認知症になっても住みつづけられるコミュニティをつくる」について

piatokoro201509_1

日時:2015年9月24日(木曜日) 13時~15時

場所:小手指ギャラリー ディア(西棟)

内容:
海外での研究から帰国されたばかりの加瀬先生を囲んで、「認知症になっても住みつづけられるコミュニティをつくる」について、意見交換をしました。認知症になっても恐れることはないコミュニティはどんなところなのでしょうか?高齢者でも、認知症でも、障害者でも、夜中に家に帰らない子供でも、困っている人がいたら、気の毒がらずにやさしくできる、そんなコミュニティではないでしょうか?そのためにはピアところがどんなことができるのか?そんな課題を掲げながら、ピアところの活動も「やきいもクック」「思い出ブック」「小学生認知症教育」「介護施設でのボランティア」などだんだん具体的になってきました。